スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
パンまつり 2016秋
ここ数日で暑さもようやく和らぎ、
一気に秋めいてきましたね!
いよいよ食欲の秋の到来です♬

今週末、10月15日(土)、16日(日)の2日間、
八事ハウジングにて行われる
「パンまつり 2016・秋」に
出店致します‼︎




今年4月のパンまつりでは、
沢山のお客様にお越しいただき、
大盛況に終わった
楽しいイベントです!
外に出るには最高のこの季節、
みなさま是非遊びに
いらしてくださいませ♪

詳細はこちらをご覧ください。
http://www.nagoyatv.com/yagoto/event/event214.html





スポンサーサイト

( 2016.10.11 ) ( お知らせ ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
コテ・プレジール 特別レッスンのお知らせ

ル・プレジール・デュ・パンのサロンスペース、
Cote Plaisir (コテ・プレジール)。
ここでは、フランス家庭料理の教室をメインに行っており、
気軽にそろう材料で、簡単に作れるお料理をご紹介しています。

※現在、講師産休のためお休みしていますが、
10月から再開予定です。
詳細は、ル・プレジール・デュ・パンHPにてご覧下しい。


そのコテ・プレジールにて、フランス人シェフを招いての
特別レッスンを昨年に引き続き、
今年も行うことになりましたので、
ご案内させていただきます。

まずは、簡単にレッスンをしていただく、
フランス人女性シェフ・Iaabelle SIPP (イザベル・シップ)さんの
ご紹介をさせていただきます。

パリ三ツ星レストラン「アルページュ」にて、
アラン・パッサール氏のもとで腕を振るい、
氏と共に世界を周り料理の世界を広げ、
野菜を中心に、世界のスパイスを使い、
センスの輝く料理を作ります。
現在はフランス・コルマール’(アルザス地方)と
イル・ド・レ(レ島、ラ・ロシェル西方の大西洋に浮かぶ島)にて、
料理教室 Cardamome(カルダモン) を主宰しています。

野菜を中心に、世界のスパイスを使い、
イザベルだからこそ作り出せるお料理を
お楽しみいただける貴重なレッスンです。

レッスンの詳細は下記の通りとなります。

:::::::::: 日 程 ::::::::::
9月22日(木・祝)17:00〜21:00
9月23日(金)10:00〜14:00

:::::::::: メニュー ::::::::::
前菜、メイン、デザートの3品
(内容は未定です。
決まり次第、お知らせさせていただきます。)



:::::::::: 料 金 :::::::::::
¥12000

:::::::::: 定 員 :::::::::::
8名

:::::::::: その他 ::::::::::
      ・ レッスンは、主にデモンストレーションにて行います。
  ・ キャンセルにつきましては、10〜3日前は50%、
         3日前〜当日は100%となりますので、ご了承願います。
     • お子様を連れての参加はお断りさせていただきます。
   • お車でお越しの方は、近隣のコインパーキングの
ご利用をお願い致します。


メニューがまだ決まっていませんので、
参考までに、昨年のメニューをご紹介させていただきます。
※写真が綺麗ではありませんこと、ご容赦くださいませ。

<前菜> しいたけのヴルーテ、 ピーナッツのムース

DSC_5824.jpg


<メイン> 鴨の胸肉、ハイビスカスのソース、
オレンジ風味にんじんのムース、エシャロットのキャラメリゼ

DSC_5828.jpg


<デザート>パイナップルのキャラメリゼ、ココナッツのアイスクリーム

DSC_5831.jpg


長くなりましたが、以上になります。
ご不明な点等ありましたら、お気軽にお問合せください。
✉info@leplaisir-dupain.com

みなさまのご参加、心よりお待ちしております!!!





( 2016.08.19 ) ( お知らせ ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
パンまつり 2016

暖かな春らしい季節になりましたね。

今週末、4月9日(土)、10(日)の2日間、
八事ハウジングにて開催される 【パンまつり 2016】 に出店致します。

※9日の出店者リストに入っていませんが、両日出店致します。

お天気にも恵まれそうなこの週末、
是非みなさま、遊びにいらしてくださいませ。
お待ちしております!!!

12072557_1325535730795591_3322265006806235890_n.jpg





( 2016.04.07 ) ( お知らせ ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
堀池典隆写真展 「パリの屋根の下で」

アマチュア写真家の堀池典隆 / PaPa Horiike氏が、
皆様をパリの街へ、パリの屋根の下へと散歩に連れ出してくれます。
といっても有名な観光スポットを巡るものではありません。
パリに住む人々の働く姿、日常の姿を垣間見ることができることでしょう。


017_20130927_4829_mono_g_リサイズ_02_


この写真展を、当店カフェスペースにて、
10月15日(水)~11月6日(木) の期間中、特別展示致します。
パリジャンの一日をご覧に、是非ご来店ください!

なお、同期間中、主催のアリアンス・フランセーズ 本山校にても
ご覧いただけますので、是非こちらへも足を運んでくださいませ。



photo1_パリの屋根の下


パリの屋根の下で ~Sep, 2013~

パリの街というと、ねずみ色がかった青い屋根と高さの揃った街並を思い出す。
エッフェル塔や凱旋門からの眺めはそんなパリを代表する景観のひとつだ。
この屋根、よく見ると二段階の傾斜がついており、
下の立ち上がった屋根にはたいてい出窓がついている。
この屋根自体は17世紀のフランスの建築家が考案した「マンサード様式」と言うそうで、
いわゆる「屋根裏部屋」の外側ということになる。
この屋根にどんな意味や由来があるのかは分からないが
、「屋根裏部屋」という言葉、何ともいえないイメージが付きまとう。
螺旋階段を上り詰めたところにやっと見つかる部屋の扉。
その扉の向こう側には凝縮された空気がある。

2013年9月、およそ30年ぶりにパリを訪れた。
やはり世界一観光客の多い「花の都」ではあるのだが、
それだけではない市井の人々の暮らしもそこにはある。
ついつい華やかさだけに目を奪われる「パリ」なのだけれど、
「屋根裏部屋」からちょっとだけ想像を
膨らませてみると現実がすこし見えてくる。
街角を行きかうサラリーマンや学生、ツーリストに恋人たち、
清掃車の作業員、ストリートミュージシャン、みやげ物売り、
それぞれが何かのきっかけで同じ「パリの屋根の下」にいる。

ほんのひと時、パリの街を遊歩した。









( 2014.10.09 ) ( お知らせ ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
夏季休業のお知らせ

誠に勝手ながら、
7月28日(月)~8月29日(金)の期間、
夏季休業とさせていただきます。
8月30日(土)~は通常営業となりなすので、
宜しくお願い致します。

夏季休業の期間中、フランスに行ってまいります。
その様子もブログでアップしていくつもりでおりますので、
そちらも楽しみにしていてください!





( 2014.07.04 ) ( お知らせ ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。