スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
バカラ美術館
ずいぶんと間があいてしまいましたが、
久しぶりに夏のヴァカンスの記録を少し。。。


パリで訪れた、バカラ美術館。
バカラにふさわしく、16区の高級住宅街にあります。
パリ在住時にも訪れたことはあるのですが、
併設のレストランには入ったことがなかったので、
今回はレストランでのランチも目的に、
美しいバカラの芸術品を楽しむべく、再訪してきました。

DSC_0855.jpg


建物に一歩足を踏み入れると、もうそこはバカラの世界。
廊下には豪華なシャンデリアがずらり、
他にも、素敵なオブジェがたくさん並んでおります。

DSC_0549 (2)


フィリップ・スタルク氏より、18世紀の邸宅が
美しい美術館に生まれ変わったのがここ。
バカラの伝統的な美しい芸術と、
モダンでスタイリッシュなデザインの、
素晴らしい融合に、目を奪われっぱなしでした。


美術館とレストランのある2階へ続く階段には、
壮大なシャンデリア、圧巻の一言です。

DSC_0513 (2)


階段を上ってすぐ左手が美術館。
美術館内は、写真撮影禁止のため、
写真でのご紹介はできませんが、
3つのテーマに分けられた部屋を、
音声ガイドを片手に、バカラの歴史を聞きながら、
美しき芸術品を観賞してきました。
とっても小さな美術館ですが、
訪れる人もわりと少ないので、
ゆっくりと観賞できるのがいいです。


階段を上って右手の入口がレストラン。
入口からすでにいい雰囲気。

DSC_0864.jpg

フィリップ・スタルク氏のアートが広がる空間。
お料理を待つ間も、ついキョロキョロ、
レストラン内を観賞してしまいました。

DSC_0538.jpg


そして、お料理。
美しいお皿の数々、見た目にごまかされない、
美味しいお料理に、心もおなかも満たされました。

DSC_0881.jpg


ちなみに、レストランを利用すると、
美術館も入館料なしで入れていただけます。


パリを訪れた際には、こちら大変おすすめでございます!



*********************** お知らせ ***********************
11月8日(木)は臨時休業とさせていただきます。
ジェイアール名古屋タカシマヤ(10F)の催物、「おいしい毎日」にて、
一日出店をさせていただくこととなりました。
全国の美味しいものがたくさん出展されますで、
こちらも是非お立ち寄りくださいませ!
******************************************************




スポンサーサイト

( 2012.10.30 ) ( フランスのこと ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。