FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
ガレット・デ・ロワ 2017

今日1月6日は、キリスト教の祝日、公現節。
フランスで新年といえば、
この公現節に食べる、ガレット・デ・ロワ。


プレジールでは、今年も美味しいガレット・デ・ロワを、
フェーヴ作家さんに作っていただいた、
プレジールオリジナルのフェーヴを入れて、
ご用意しておりますので、是非ご賞味くださいませ♪



galette2017.jpg

(16cm) \1900 , (20cm) \2600 
※いずれも税抜価格です。 ※1月22日(日)までの販売となります。


公現節とは、イエス・キリストが神の子として、
この世に現れたことを記念するキリスト教の祭日で、
幼子イエスへの東方の三博士の来訪と礼拝と祈念する日。

フランスでは1月に入ると、どこのパン屋さん、
ケーキ屋さんでも売られ始めます。
公現節に食べるのが本来ですが、
この日に限らず、1月中は人が集まるときには、
よく食べるので、たいていどこでも売られています。

ガレット・デ・ロワがどんなものかというと、
さっくさくのフォイユテ(折りパイ)に、
フランジパーヌというアーモンドクリーム
とカスタードクリームを混ぜた、
アーモンドのクリームが中に入っています。

ちなみに、南仏ではブリオッシュが王冠の形をして、
フルーツのシロップ煮が飾られているものが食べられます。

ガレット・デ・ロワで忘れてはならないのが、
中に隠されていれる陶製の小さな人形、フェーヴ。
このフェーヴの入ったガレットに当たった人は、
王冠を被り、祝福を受け、幸運が1年間継続するといわれています。

また、切り分けるときですが、
フランスでは、その場にいる中で一番小さい子どもが、
テーブルの下に隠れ、切り分けたガレットを誰に配るか決めます。
とっても可愛い伝統ですよね。

余談ですが、オフィスなんかで食べるときには、
フェーヴが当たった人は、
次の時にシャンパンを1本持ってきて、
みんなにふるまう、なんて大人ルールが
あったりもするんですよ^^


この時期しから食べられない、季節限定のお菓子になりますので、
是非x2、ご家族やお友達と集まられる機会には、
みなさんで楽しくお召し上がりになってくださいね♪





スポンサーサイト

( 2017.01.06 ) ( 商品のご紹介 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。