スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
パリ・バゲットコンクール 2011
みなさま、ご無沙汰しております。
GWもついに終わってしまいましたね。
前半こそ、お天気に恵まれない日もありましたが、
温かな日が続いた過ごしやすい気候の中、
楽しいお休みを過ごされたことと思いますが、いかがでしょう?

さて、そんなGWまっただ中の5月3日、
パリでは、毎年恒例のバゲットコンクールが行われました。
このコンクールで優勝すると、
4000ユーロの賞金と、エリゼ宮(大統領官邸)に、
一年間バゲットを納めるという、名誉ある権利がもらえます。
今年もパリ市内174のブーランジェリーが、
このコンクールに参加したそうです。

DSC_2808.jpg


厳しい審査の中、見事優勝に輝いたのが、
パリ18区、サクレクール寺院がシンボルの、
モンマルトルの丘にある、
“Au Levain d'Antan” というブーランジェリー。

P1110447.jpg

モンマルトルには、私もよく出かけましたが、
このお店のバゲットは食べたことはなかったので、
次にパリに行く際には、是非立ち寄ってみたいです。

ちなみに、昨年のこのバゲットコンクールでは、
当店シェフ・ニコラがシェフを務めていた、
“ドミニク・セブロン” は3位入賞をしました。
ニコラがコンクール前から準備をしていた
バゲットでの入賞だっただけに、嬉しさもひとしおでした。
パリ本場のバゲットの味を、
ここ名古屋でもお伝えできるよう、
美味しいパン作りに励んでいきたいと思いますので、
これからもよろしくお願い致します!

スポンサーサイト



( 2011.05.08 ) ( 未分類 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント:

コメント:する?












秘密コメント:

トラックバック:
トラックバック URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。